平成22年度 全理連中央講師会 定期総会・研修会

・ 開会 松田副幹事
・ 挨拶

P1020582.JPG辻 眞一会長
P1020586.JPG池田道治幹事長
P1020588.JPG大森利夫理事長
P1020590.JPG堀 純校長

山田久志氏講演

『私の野球人生“栄光に近道なし”』

山田久志先生のテーマは『私の野球人生“栄光に近道なし”』WBC「侍ジャパン」の投手コーチとしてみなさん良くご存知の方です。
講演の冒頭から、ご自分の生い立ちを失敗談・冗談も交えながら講演がスタートしました。

秋田県の能代高校の2年の時(当時は3塁手)、自分のエラーでサヨナラ負けで甲子園の出場を逃し、3年生から監督に投手の転向を薦められる。
社会人野球(ノンプロ)で富士製鐵釜石(現・新日鐵釜石)に入団後、監督のアドバイスで、当時珍しかったアンダースローに変えた結果、都市対抗野球でいきなり先発を言われて完封勝ちをする。
阪急ブレーブスに入って2年目負けが続いても監督(西本監督)が使ってくれた事。監督から言われた一言で、「一生懸命やつているのは分かるがそれなりに毎日毎日ベストの状態を常に考える事」この言葉が自身の転機となり3年目で22勝を上げる。
巨人との日本シリーズで、1-0(阪急リード)で迎えた9回裏2死、このとき山田先生はすごく調子良く抑えていたが、カウント2-3、審判のボール(疑惑?)判定にフォアボールを出してリズムが狂ってしまったのか、長嶋選手にヒット打たれる。その後、王選手のサヨナラ3ランで負けてしまう。
山田先生は今でもあの投球はストライクだ!!と言う。
“調子がいい時こそ痛い落とし穴がある”これはわれわらも参考になるお話でした。
山田先生は野球を通し我々に対して分かりやすい内容と、つい笑ってしまうお話をしてくれました。
現役時代の自分への戒めを、指導する立場になった時の教訓とする事で、今の自分がある。
私たち中央講師に大変参考になる内容でした。
講演時間が、あ!と言う間に過ぎてしまい、“中日ドラゴンズの監督時代”や“WBCの投手コーチ”の話等、まだまだお聞きしたい事がたくさん有りましたが時間の関係で5分程度の質疑応答の後、講演が終了しました。

“この講演で山田久志ファンになった人は確かに増えました!!。”

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』秋田県能代市出身の元プロ野球選手(投手)・監督・コーチ、野球解説者。兵庫県西宮市在住。現役時代は12年連続開幕投手を務めるなどし、アンダースロー投手としては日本プロ野球最多となる通算284勝を記録した。球界関係者からは史上最高のサブマリン投と称される。

P1020594.JPG

P1020597.JPG

新任講師紹介

・ 新任講師5名 紹介、委嘱状授与
江川真一(埼玉)佐藤秀樹(東京)飛田恭志(東京)
高橋淳哉(大阪)山口貴志(福岡)  
所属所在地、論文テーマの発表

退任講師紹介

・ 退任講師12名 感謝状、記念品贈呈
大田川博明、坂本雅則、白井勝、浜田広行、船津博司、森あきら
飯田三樹、西栄三、大野允子、岡崎敦子、森本照義、若月俊行

出席者3名、船津氏、森氏、森本氏からお礼の言葉とありがたい苦言、そして叱咤激励を頂きました。

P1020601.JPG森 あきら 会員P1020600.JPG船津博司 会員P1020603.JPG森本照義 会員

P1020605.JPG

名誉講師紹介

・ 名誉講師1名 紹介、委嘱状授与
   本田誠一氏よりお礼の言葉と新任講師への激励

平成22年度 定期総会

     議長 松永一広氏 副議長 山田 勉氏

本総会 会員数131名 出席109名 委任状10名 成立
その他の件において、予算案(支出の部)科目を明細にして欲しいとの要望→幹事会にて検討

P1020607.JPG

bukaicyou.jpg

・ 各部会に活動費授与


・ 後継者育成委員会メンバー紹介

P1020608.JPG斉藤浩一(富山)菊池暢芳(愛媛)河野智子(大阪)
 池田正男(滋賀)大石一也(新潟)安藤聡(北海道)
 中嶋 聡(茨城)根津英和(京都)


・ ホームページ委員会メンバー紹介
 大道寺正毅(千葉)荒井伸司(東京)菊地 勝(東京)
 大桃祐一(東京)

・ 閉会 羽鳥副幹事

・ 懇親会